ニホンかニッポンか

昨日の日経新聞文化面の外山滋比古氏の「日本語の散歩道」も
なかなか興味深かった。

私は、ふだん無意識に日本を「ニホン」と発音している気がする。
ただし例外的に、スポーツで全日本チームが国際試合などで外国チームと
対戦する時の応援は、何故か「ニッポン!」になるのが不思議である。

古く奈良、平安時代から、にほん、にっぽん両様の呼び方があったらしく、
昭和のはじめ、ニッポンに統一しようという動きがあったが、成功しなかった
そうだ。

どうもポという破裂音になじめない人がすくなくないようである、と
外山氏は書いている。

企業の社名も漢字が普通だった時代から、カタカナ名が登場するように
なり、その後は、アルファベットの企業名が流行となった。

NHK日本放送協会のNもNTT日本電信電話のNも「ニホン」ではなく
正式には「ニッポン」なのだそうだ。さらに、JRのようにJ(ジャパン)の
つく名前も生まれた。

私はそんなことは全く意識もせずに、名称として機械的に使用している
気がする。

「多様化はいいが、日本が分裂、浮動しているような感じがしないでもない」と
外山氏は結んでいる。

さすがに言葉のスペシャリストは、言葉に対するアンテナが敏感で、視点も
鋭いですなぁ。

英語講師であり、翻訳業のご主人様のアシスタントを目指している私には
耳が痛い、痛い。。。修行じゃ!修行じゃー!

昨日のBGM。。。
b0202479_15173757.jpg
ミヒャエル・エンデ 「Die unendliche Geschichte」
(ネバーエンディング・ストーリー)オーディオブック

昨日の夕食。。。
b0202479_15205618.jpg
手巻き寿司(まぐろ・サーモン・たこ・さんま)
風邪でまだまだ本調子じゃないので、手間いらずのメニューです。
さんまは2匹使用しましたが、1匹88円で購入しました^^

今日の夕食は、再びおでんと宣言しているので、昨日からご主人様は
ごきげんです♪ 男性は胃袋でつかむ、というのはあながち嘘じゃない
のでしょうかねえ。。。単純。。。私は外めし好きなんだけどな。。。

時間があったら、後ほど、再び更新します。。。

Einen schoenen Abend! Have a nice evening!
[PR]

by brigitte60 | 2010-11-08 15:12 | Comments(0)